対馬市の湾内でシーカヤックを体験する鳥栖市の子どもたち

 毎年、夏休みに歴史的関係の深い長崎県・対馬市を訪ねて交流している「鳥栖やまびこ対馬研修団」(下田寛団長)が、団員を募集している。対象は市内在住の小学4年生から中学生の30人。締め切りは6月9日。

 8月8日から10日まで対馬市を訪問する。事前に江戸時代に鳥栖市東部と基山町が対馬藩の田代(たじろ)領として治められていた歴史などを学び、「長崎原爆の日」の9日は大船越小・中学校で開かれる平和学習に参加、地元の子どもたちと交流する。このほか海でシーカヤックを体験したり、朝鮮半島から海岸への漂着物について学んだりする。

 参加費は小学生1万7000円、中学生2万1000円。希望者は往復はがきに氏名、学校・学年など必要事項を記入の上、市教委内の同研修団事務局=電話0942(85)3694へ申し込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加