福岡県朝倉市の豪雨被災現場を視察する稲田防衛相=14日午後

行方不明者捜索のため、橋の下にたまった土砂を掘り起こす自衛隊員=14日午後、福岡県朝倉市

 稲田朋美防衛相は14日、九州北部の豪雨で行方不明者の捜索活動などに当たる自衛隊員を激励するため、福岡県朝倉市を視察した。終了後、記者団に「被災者の方々のニーズに即した救援活動、生活支援に全力を尽くす」と強調した。

 同市役所杷木支所で自衛隊幹部に「隊員の疲労がたまっていると思うが、引き続き行方不明の方がいる」と捜索継続を重ねて指示。避難所となっている市立杷木中で生活再建を巡り住民と意見交換し、自衛隊が設営した入浴所などを視察した。

 河川が氾濫し、流木が堆積した被災現場では、隊員から捜索状況の説明を受けた。記者団には「危険を顧みず、全力で取り組んでいる隊員の姿に、大変頼もしい思いを持った」と語った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加