みやき町観光協会は24日午後8時から、バスで巡る「ホタル観賞ツアー」を開く。町北部の鳥栖・三養基西部リサイクルプラザ横の「ホタル公園」などを散策する。参加者を募集している。

 ツアーは地域の魅力再発見と観光資源の掘り起こしを目的に、2007年から毎年開いている。当日はホタルの保護活動に力を入れている「中原の豊かな自然を守る会」(寺崎彪会長)のメンバーが案内役を務め、バスで3~4カ所を巡る。

 同会では会員が交代で観賞ポイントに足を運び、時間やホタルの数などの情報を収集。町役場中原庁舎のロビーに掲示した地図に書き込み、見ごろを伝えている。寺崎会長は「今年は飛び始めが1週間ほど遅れているが、当日はある程度増えていると思う」と話す。

 定員は40人で先着順。参加費は100円(保険、お茶代)。午後7時半までに中原庁舎1階ロビーに集合する。申し込み、問い合わせは町観光協会、電話0942(96)4208。

このエントリーをはてなブックマークに追加