上峰町の上峰小の6年生が、穂の色が異なる2種類のモチ米で田んぼに文字を描く“稲文字”に今年も取り組む。28日には田植えをし、約90人の子どもたちが雨が降る中、色とりどりのカッパ姿で苗を植え付けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加