■郷土興隆の“象徴”披露へ 7月23、24日の「小城山挽祗園700年祭」に向け、小城市小城町の下町では曳山(ひきやま)の山鉾(やまほこ)に飾る人形作りが佳境に入っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加