鳥栖商業高女子バレーボール部は6月4、5日に行われた県総体決勝リーグで、清和高、佐賀学園高、佐賀北高の各校と対戦。3戦全て勝利し3年ぶり5度目の優勝を果たした。

 鳥栖商の部員は、全体的に身長が高くないため、レシーブで拾ってつなぐ全員バレーである。県総体ではレシーブで拾ってつなぐ、粘り強い鳥栖商らしい戦いを展開した。

 女子バレー競技は、8月3日から宮城県で開催される。キャプテンの橋本有加さんはチームの特徴をいかしたいと思っており、「九州大会ではベスト8に入れたことはうれしかったが、全国大会でも上を目指し、今まで応援してくださった方への感謝の気持ちを忘れず、勝利を目指して恩返ししたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします」と意気込む。(文・田中美羽 撮影・野口夢叶)

このエントリーをはてなブックマークに追加