横尾金紹氏

 鳥栖市は21日、県の人事異動に伴い今月末で退任する種村昌也副市長(51)の後任に、県産業労働部副部長の横尾金紹(かねつぐ)氏(59)=佐賀市=を充てる選任案を開会中の市議会に提出した。23日の本会議で同意を求める。

 横尾氏は広島大法学部卒業後、1981年に県庁入り。秘書課長、県土づくり本部副本部長、農林水産商工本部副本部長などを経て16年4月から現職。

 橋本康志市長は「県の事情で種村氏が戻られることになった。大型事業などがある市の事情を説明して後任を、とお願いしていた」と説明した。

 種村副市長は2015年7月から1年9カ月の在任で、4月から出向元の県に戻る。

このエントリーをはてなブックマークに追加