鳥栖工高駅伝部は高校総体北九州地区予選で3000メートル障害1位、3位、競歩3位、4位、1500メートル4位、5位、女子800メートル5位の成績を残した。3000メートル障害1位の森智哉選手は「全国高校駅伝で6位入賞できるように頑張りたい」と語った。

 日頃の練習は「雰囲気」を大事にし、部員全員が大きな声を出して明るい雰囲気の中で練習している。毎日の朝練が7時15分から行われ、遠方から来ている人は毎朝5時起床するなど努力を惜しまない。森選手は「どんなにつらい練習もつらいと思っているのは自分だけでなく、みんなが思っていることだと思うことで乗り切れる」と語った。

 顧問の古川昌道先生は「みんながよく頑張っているし熱心に取り組んでいる。全国高校駅伝で入賞目指して頑張ってほしい」と期待を込めた。(文・鶴田唯斗 撮影・中村駿介)

このエントリーをはてなブックマークに追加