早稲田佐賀高ボート部は、6月の県総体で男女ともに総合優勝を果たし、8月に宮城県で行われる全国大会への切符を手にした。

 2年生が中心のチームで、全国大会で優勝経験もある顧問の小谷文香先生が指導する。にぎやかな雰囲気の中でも、各自真剣に取り組んで練習をしてきた成果が大一番で発揮された。

 創部6年目での快挙に中学1年生から早稲田佐賀でボート部として活動し続けてきた中西麟太郎主将は、「ボートでは筋力や体力、精神力、技術はもちろん、ダブルスカルやクォドルプルでは、仲間との息を合わせ連携を取ることも大切になってくる。全国大会では勝ちにこだわって一つでも上を目指して頑張りたい」と話した。

 波に左右されるなど、一筋縄ではいかない水の上。最後まで漕(こ)ぎきる姿を期待している。(文・長尾壮馬、高田幸毅 撮影・清水萌音)

このエントリーをはてなブックマークに追加