松本誠一館長から記念品を受け取る庄崎美代子さん(左から2人目)=佐賀市の県立美術館

 佐賀市の県立美術館で開催中の「バロックの巨匠たち」展が14日、来場者1万人を突破した。1万人目となった唐津市の主婦、庄崎美代子さん(79)に記念の図録などが贈られた。

 新聞やCMで同展を知ったという庄崎さんは、友人を誘い3人で鑑賞に訪れた。1万人目の来場者となり、県立博物館・美術館の松本誠一館長から記念品を贈られ「傘寿前のいい記念になりました」と喜びの表情を浮かべた。

 庄崎さんは以前、オーストリアを訪れた際にブリューゲルの作品を鑑賞し、緻密な絵のタッチに引きつけられたという。同展でも興味深く鑑賞した庄崎さんは「ブリューゲルをはじめ、巨匠たちの作品が並び見応えがあった。佐賀で身近に観られるのはすごくうれしいです」と感想を語った。

 会場にはバロック絵画を代表するブリューゲル、レンブラント、ルーベンスらの傑作を一堂に集めている。会期は20日まで(18日休館)。観覧料は一般1200円。高校生以下無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加