全支部で会員3%以上の増加を目標に掲げたJA年金友の会佐賀県大会=佐賀市文化会館

 JA年金友の会佐賀県大会(JAバンク佐賀金融推進委員会・JAバンク佐賀信連主催)が10日、佐賀市で開かれた。全支部で会員3%以上の増加を目指すほか、高齢者の生きがい・健康・仲間づくり活動を支援する運動方針を確認した。

 2016年度の会員数は前年度比1・5%増の6万7303人、振込額は4億4500万円増えて643億7500万円。県内の年金受給対象者29万6515人に占めるシェアは22・7%で、3年連続で増加している。

 大会あいさつで、JA佐賀信連の金原壽秀会長は「より一層友の会活動を盛り上げ、会員になって良かったと喜んでもらえるようなサービスの向上に取り組んでいきたい」と述べた。

 会員増加率が高かった支部の表彰もあり、最優秀賞にはJAさが多久中央支部が選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加