佐賀県は14日、労働基準法違反の罪で略式起訴された広告大手の電通(本社・東京)を18日から1カ月間の入札参加停止にした。

 電通は違法残業が社会問題化し、検察当局が5日に略式起訴した後、東京簡裁が正式裁判を開くことを決めている。県は要領に基づき、業務に関する不正行為と判断して入札参加停止の措置を決めた。

 電通は県から本年度に2件計1億7450万円の受注実績があり、昨年度は2件計1億5960万円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加