気温が上昇した京都市内で、川遊びをする親子=21日

 日本列島は21日、高気圧に覆われて全国的に気温が上昇し、7~8月並みの暑さとなった。気象庁によると、群馬県館林市で最高気温が35・3度に達し、今年に入って全国初となる猛暑日を記録。福島市で34・2度となるなど、187地点で30度以上の「真夏日」となり、各地で熱中症とみられる搬送が相次いだ。

 他に真夏日となった地点は、群馬県伊勢崎市が34・1度、埼玉県熊谷市34・0度、埼玉県鳩山町と群馬県桐生市が33・9度など。東京都心は30・9度、大阪市は28・7度、佐賀県内は伊万里市が29・8度だった。

 5月の観測史上最高を記録したのは、長野県上田市(33・7度)、岐阜県高山市(33・1度)など34地点。

 埼玉県越谷市の大袋小学校では運動会中の4~6年の男女5人が「気分が悪い」と訴え、病院に搬送された。長野県内の2カ所のマラソン大会で計8人、岩手県奥州市のマラソン大会では16人がいずれも搬送された。[共同]

このエントリーをはてなブックマークに追加