昭和30年代製らしき白黒テレビ。今は映らないブラウン管の上でビクターの犬が耳をすませる=多久市の駄菓子屋・みつわ商店(フィルムで撮影)

 昭和30年代前半の「三種の神器」(冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ)のひとつ。白黒テレビは同33年(1958年)のご成婚ブームごろから一気に普及した。「チャンネルを回す」という言葉の語源が分かるダイヤル式のチャンネル、すらりと伸びた4本足が当時の定番。東京オリンピックを境にカラーテレビの時代へ移っていく。

=シリーズ 昭和のカケラ=
テーブル型ゲーム機
変速機付き自転車
ちゃぶ台
水飲み鳥
ホーロー看板
ガリ版(謄写版)
野いちご摘み
ミルメーク
レンゲソウ
ピンクの電話

このエントリーをはてなブックマークに追加