北朝鮮は日本時間21日午後4時59分ごろ、内陸部の平安(ピョンアン)南道(ナムド)北倉(プクチャン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。東に約500キロ飛行し、韓国軍によると最高高度は約560キロに達した。米韓当局は2月に発射された新型中距離弾道ミサイル「北極星(プッククソン)2」と類似しているとの見方を示した。日本政府によると日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下したとみられる。トランプ米政権や北朝鮮に自制を求めてきた中国の習近平指導部の反発は必至だ。

 北朝鮮は1週間前の14日にも弾道ミサイルを発射したばかりで、ティラーソン米国務長官は21日放送の米テレビで「失望した。憂慮すべきことだ」と述べた。朝鮮半島近海には米原子力空母カール・ビンソンが展開。2隻目の空母ロナルド・レーガンも向かっており、北朝鮮情勢は緊迫を強めた。

 安倍晋三首相は21日、ミサイル発射について「国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるもので、世界に対する挑戦だ」と非難した。北極星2の射程は日本全土を収める2千キロに及ぶとされる。稲田朋美防衛相は落下地点に関し「秋田県・男鹿半島から約700キロ、島根県・隠岐諸島から約400キロだったと認識している」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加