副市長選任案を見送った峰達郎唐津市長(前列右)。岡本雅夫副市長(左隣)は3月末で退任し、4月以降は副市長不在となる=13日の市議会一般質問

 執行体制を整えるはずの年度末議会で、唐津市の峰達郎市長が副市長2人の選任案を見送った。船出したばかりの市政運営だけでなく、佐賀県との関係において大きな不安材料を生じさせる結果となった。

 市からの要請に対して県は今回、「異例」(県幹部)の部長級の人材で応えた。一方、もう1人は職員の意識改革など「新しい風を入れたい」と独自ルートで人選を進め、県議時代から旧知という県外の50代の市長経験者に白羽の矢を立てた。

 2人目の人選に関して県への事前説明はなく、週明けの21日にこの副市長候補の起用が打ち出された。唐突感に加え、山口祥義知事と選挙を戦った前武雄市長の樋渡啓祐氏と親交のある人物とされ、「峰市長の意図が分からなくなった」と別の県幹部。県職員の異動内示が終わった中だったが、内定は白紙となった。

 選任案に応じて開いた22日の市議会運営委員会では突然の見送りに「(調整を終えて)決まってから招集するもんやろ」など不満が漏れ、盤石と言えない議会との関係にも傷を残した。

 県議を10年務め、県職員に同級生が多いことから、市長選で県との連携強化に自信を見せていた峰氏。自らパイプに亀裂をつくる結果となり、「政治感覚」を問う声が高まりそうだ。

【関連記事】
唐津市、副市長選任案見送り
【動画】唐津市長に峰氏 3氏退け初当選
唐津市長選 候補者の横顔
【動画】新知事に山口氏 保守分裂組織力で軍配
=知事選・記者座談会= 自民党本部主導に反発

このエントリーをはてなブックマークに追加