日本列島は15日、高気圧に覆われた影響で、広い範囲で晴れて気温が上がり、北海道帯広市37・1度、甲府市36・1度、京都市35・8度など、気象庁の国内929観測点のうち59地点で35度以上の「猛暑日」となった。帯広市は13日から猛暑日が続き、3日連続は1925年以来、92年ぶり。

 豪雨被災地の九州北部も厳しい暑さとなり、大分県日田市で35・5度を記録。猛暑日を含む30度以上の「真夏日」は、全国773地点に上った。

 気象庁によると、北海道では平年よりも暖かい空気が上空に流れ込んだため気温が上昇、25地点で猛暑日に。釧路市や中標津町などの6地点で観測史上最高(タイ含む)を記録した。道内で30度以上を観測したのは11日連続。 16日も全国的に気温は高め。大気の状態が非常に不安定になる恐れがあり、雷雨に注意が必要としている。

 佐賀地方気象台によると、佐賀県内は各地で真夏日となり、最高気温は伊万里市で33・7度、佐賀市で33・2度、嬉野市と杵島郡白石町で32・9度を記録した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加