包括協定1周年に合わせて23日から発売される県産原料を使った記念商品

 セブン-イレブン・ジャパンは、地域活性化を目的に佐賀県と包括協定を結んでから1周年となったのを記念し、県産原料にこだわったパンなど4点を23日から県内の185店舗で発売する。

 販売するのは、銘柄鶏ありたどり入りのおにぎり(130円)▽佐賀牛をじっくり煮込んだカレー(602円)▽県産イチゴさがほのかのパフェ(334円)▽県産牛乳を使ったパン(119円)。いずれも数量限定で約2週間で販売を終了する予定。

 同社の後藤大輔・北九州ゾーン総務担当マネジャーは「佐賀の食文化の豊かさに県民の人たちが触れるきっかけになれば」と期待を込める。同社は昨年3月、佐賀県と包括協定を結び、県産品の販路拡大や災害対策など9分野で連携している。

このエントリーをはてなブックマークに追加