イラスト部門大賞に選ばれた御凰寺恭光さん(東京都)の「唐津の宴」

写真部門大賞に選ばれた池田新一さん(大分県)の「熱狂(宵曳山)」

イラスト応募作を審査する中島潔さん=静岡県伊豆のアトリエ(唐津観光協会提供)

■入賞63点観光PRフリー素材に

 唐津観光協会が募集していた「唐津の魅力発信フォト・イラストコンテスト」の入賞作品が決まった。全国から約500点が寄せられ、大賞は写真、イラストとも県外の人が受賞した。日常的に見慣れた市民とは違った視点が新鮮に映る。

 入賞作63点は観光協会ホームページの「フォトライブラリー」に掲載し、観光PRのフリー素材として旅行会社や個人に提供する。

 写真部門には457点が寄せられ、大賞は大分県の池田新一さん(66)が受賞した。「熱狂(宵曳山(よいやま))」と題し、内町(商店街)入り口で鯛(たい)曳山と歓呼を上げる人たちを撮影した。「唐津くんちの写真は曳山と曳(ひ)き子のものが多いが、観客も一体となって祭りを楽しんでいる様子がよく捉えられている」と評価された。

 イラスト部門には36点の応募があり、厳木町出身の画家中島潔さんが審査した。大賞は東京都の御凰寺恭光(みおうじきょうこ)さん(33)の「唐津の宴」で、中島さんは「唐津の名所、名物がうまく配置され、生きた魚と曳山の鯛との対比が面白く、猫の陽気な表情が絵を温かく魅力的にしている」と評した。

 大賞など13点は24日から4月9日まで旧唐津銀行で展示する。

 他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 【写真】優秀賞=平野宏一(福岡県)堀内勇(和歌山県)吉田邦起(唐津市)▽唐津観光協会長賞=吉村増実(唐津市)▽「或る列車」特別賞=辻清原(唐津市)▽昭和バス特別賞=瀧本景子(福岡県)

 【イラスト】優秀賞=大江葉(福岡県)森田章(埼玉県)柿崎豊(神奈川県)▽唐津観光協会長賞=村山武史(唐津市)▽「或る列車」特別賞=中井麻由子(奈良県)

このエントリーをはてなブックマークに追加