米大統領、TPP離脱を正式表明

 【ワシントン共同】米国のトランプ大統領は就任初日の20日、新政権の基本政策を発表し、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明した。オバマ前政権の通商戦略の大転換で、TPPを柱としてきた日本の成長戦略に影響を与えるのは必至。就任演説では「他国の軍を支援し、米軍が劣化した」と述べ、同盟国に負担増を求める考えを示唆した。

 トランプ氏は就任初日の20日、オバマ前政権の看板政策である医療保険制度改革の撤廃に向けた措置を指示する大統領令などに署名した。

 ホワイトハウスのウェブサイト上で基本政策を示したトランプ氏は各分野で国益追求を優先する姿勢を鮮明にした。

このエントリーをはてなブックマークに追加