○…復刻版の佐賀市営バスに20日、乗用車が接触する事故が起きた。市交通局の運行80周年を記念し、再デビューした初日の受難。1960年代から親しまれた、クリーム色を基調にした茶色いラインの車体の後部に早速、傷が入った。

 ○…現場は国道と市道が交わる佐賀県警本部前の交差点付近。乗用車が右折レーンに車線変更した際、走行中の軽乗用車に衝突、弾みで信号停止中のバスにも接触した。通勤中の秀島敏行市長を含め7人の乗客がいたが、けがはなかった。

 ○…「事故は残念だけど、誰もけがをしなくてよかった」と交通局。修理する予定だが「注目されてるから、いきなり運休しては申し訳ない」。しばらくは傷を負ったまま、レトロ感を漂わせる。

このエントリーをはてなブックマークに追加