特別招待選手として10㌔の部に出場する東洋大の小笹椋(左)=3日の箱根駅伝から

 第23回吉野ケ里ロードレースin神埼市(神埼市体育協会・佐賀新聞社主催)が22日、神埼市郡の吉野ケ里歴史公園と周辺コースで開かれる。10キロ(高校生以上)、4キロ(小学生以上)、2キロふれあいジョギング(同)に男女1243人が出場する。

 当日は午前8時50分に受け付け開始、同9時50分から開会式がある。レースは同10時半に4キロ、同11時10分に2キロ、同11時40分に10キロが順次スタート。4キロと10キロは男女上位3人を表彰する。

 特別招待選手は、今年の箱根駅伝で準優勝した東洋大陸上部の橋本澪(4年、群馬・館林高)、堀龍彦(3年、福岡・大牟田高)、小笹椋(2年、埼玉栄高)の3選手。10キロに出場し、午後0時半からはトークショーも行う。

 県内一周駅伝の神埼・吉野ケ里チームのメンバーと、アトランタパラリンピック金メダリストの柳川春己さんも招待選手として出場する。閉会式後はお楽しみ抽選会がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加