背びれを大きく広げて求愛のジャンプをするムツゴロウ=小城市芦刈町の六角川河口

 小城市芦刈町の六角川河口の干潟で、雄のムツゴロウたちが繰り返し飛び跳ねて雌にアピールする求愛の季節が到来している。つぶらな瞳に背びれを大きく広げ必死に跳ぶ姿に、その恋を応援したくなる。

 ムツゴロウは体長15センチほどのハゼ科。口や皮膚にためた水から呼吸できるため干潟の上でも活動できるという。5~7月の産卵期に、雄は自分の縄張りに入ってきた雄に対し大きな口で威嚇、激しく雌の奪い合いを繰り広げる。見事ジャンプする姿を気に入られた雄はカップルとなり、雌と共に巣穴へと消えていく。

 佐賀県有明水産振興センターによると、ムツゴロウの求愛行動は産卵期が終わる7月ごろまで見ることができるという。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加