横浜M戦に向けたミニゲームでシュートを防ぐGK辻(右)=鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は、YBCルヴァン・カップグループステージB組第6節の24日午後7時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで横浜F・マリノスと対戦する。予選突破は厳しい状況だが、勝って望みをつなげたい。

 鳥栖は2分け2敗(勝ち点2)の暫定5位。前節の広島戦はリーグ戦からメンバーを大幅に変えて臨んだが、ミスから失点して0-1で敗れた。

 横浜Mは2勝2敗(勝ち点6)の暫定4位。前節・甲府戦はMF遠藤のミドルシュートがオウンゴールを誘って先制し、そのまま逃げ切った。

 鳥栖は今月7日のリーグ戦第10節で横浜Mに1-0で完封勝ちしているが、フィッカデンティ監督は「若い選手が多く出場すれば、全く違った試合になる」と語る。

 鳥栖はルヴァン杯未勝利ながらホーム戦となった新潟戦は2得点、C大阪戦は4得点と攻撃陣が躍動した。FW富山は「いつも通りに準備し、いつも通りにやるだけ」と静かに闘志を燃やす。

このエントリーをはてなブックマークに追加