環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意やコメ減反政策廃止、農協改革と、矢継ぎ早に打ち出されてきた農業政策の転換で、これまで自民王国を支えてきた農業票が“漂流”を始めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加