佐賀税務署は1日、相続税や贈与税などの算定基準となる2016年1月1日現在の県内の路線価を発表した。標準宅地の平均変動率は前年比1・6%減で、21年連続で下落したものの、下げ幅は4年連続で縮小した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加