定例議会は23日、総額941億円の2017年度一般会計当初予算案、本年度一般会計補正予算案など追加議案を含む34議案と意見書1件を原案通り可決、諮問3件を承認して閉会した。

 市公平委員会委員に田中恵子氏(43)=駅前中央=を再任する追加議案を原案通り可決、人権擁護委員に千綿勝之氏(72)=鍋島町、池田明氏(68)=材木、江頭敏男氏(71)=諸富町=を選任する人事案に同意した(各氏の年齢は2月末時点)。

 給水管などの工事で、水道事業者の指定を受けた工事事業者が施工することを定めた指定給水装置工事事業者制度に、更新制度導入を求める意見書1件を可決した。

このエントリーをはてなブックマークに追加