■佐賀の風景、繊細なタッチ

 水彩画と油彩画、鉛筆画が並ぶ「2017クローバ会絵画展」が、小城市のゆめぷらっと小城で開かれている。豊かな色彩と鉛筆で描かれた繊細なタッチが来場者の目を楽しませている。26日まで。

 作品は県内で活動する絵画教室「むつごろう」と水彩画クラブ「コスモス」、デッサン教室「菜花会」の生徒が描いた。会場には41作品が並び、人物や動物、佐賀の風景、食べ物の絵画を展示している。菜花会の早田麻里子さん(66)と鹿子裕美恵さん(64)は「鉛筆画や油彩画の絵の違いを楽しんでほしい」と話す。

 開場は午前9時半から午後5時まで(最終日は午後3時まで)、観覧無料。会場の問い合わせはゆめぷらっと小城、電話0952(37)6601。

このエントリーをはてなブックマークに追加