玄海原発の再稼働に関し、内閣府などの関係者(左奥)に質問する議員(手前)=伊万里市議会

 伊万里市議会は23日、全員協議会を開き、九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働を巡り、国や九電への質疑を行った。安全対策や事故が起きた場合の責任をただしたが、時間が限られ「消化不良」という声も漏れた。

 国側からは、内閣府や資源エネルギー庁、原子力規制庁の関係者が出席した。市議のほぼ全員が県民説明会に出席しており、そこで感じた安全性への疑問や意見を投げ掛けた。

 県民説明会で繰り返された説明も目立ち、資源エネルギー庁は「安全性の確保を大前提に、エネルギーの安定供給や経済効率性、地球温暖化対策推進を同時に達成するには、一定程度は原子力発電に依存せざるを得ない」と述べた。

 質疑は、国や九電の関係者が出席する福岡県糸島市の住民説明会までの約2時間に限られ、県の担当部局への質問は時間切れになった。後日、議会側で取りまとめて提出するという。

 盛泰子議長は「時間が短く消化不良も感じるが、県民説明会以外にもこういう場が実現できたのは意義深かった」と感想を述べた。今後の対応は「現在は白紙」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加