青森県沖で航行が確認された中国海警局の船=17日(第2管区海上保安本部提供)

 第2管区海上保安本部(塩釜)によると17日、青森県沖の領海内を中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2管本部は、この海域で中国公船の領海侵入を確認したのは初めてとしている。

 2隻は今月15日に九州北部沖で領海に侵入したのと同じ船で、2管本部が警戒を続けている。

 2管本部によると、17日午前8時5分ごろから20分ごろにかけて、海上保安庁の巡視船が青森県の艫作崎(へなしざき)沖の領海に海警局の船2隻が相次いで侵入したことを確認。海保が無線で注意を呼び掛け、2隻は午前9時40~45分ごろにいったん領海を出た。

 約2時間後、2隻は津軽海峡の竜飛崎(たっぴざき)沖の領海に再び侵入、午後3時20~25分ごろに領海を出た。

 国連海洋法条約によると、全ての国の船舶は沿岸国の安全などを害しない限り領海を通航する権利「無害通航権」がある。2管本部は今回のケースが無害通航に当たるかどうかは明言していないが、特異事案として注意を呼び掛け、監視・警戒を行ったとしている。

 中国海警局の船は沖縄・尖閣諸島周辺の領海にたびたび侵入している。

 防衛省によると、今月2日には中国海軍の情報収集艦1隻が北海道松前町の南西の領海に約1時間半侵入し、津軽海峡を東に通過した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加