式町文伽さん

 昨年夏の参院選は、選挙権を持ちながら急な用事で1票を投じられなかった。残念とは思ったが、投票した友達に聞くと、国政選挙は若い有権者と候補者の距離がありすぎて、「誰を選ぶべきか判断が難しかった」と聞いた。

 市長選は身近に感じる選挙。政策をよく理解して若い有権者として勇気をもって投票したい。市長選のあと、就職のため愛知県に住む。遠くに住んでいても、テレビやネットでふるさとの元気な姿を見られたら、「この候補者に票を入れて良かった」とうれしくなるだろう。(牛津町)

=小城市長選=

このエントリーをはてなブックマークに追加