バレーボールのプレミアリーグ女子は22日、愛知県のウイングアリーナ刈谷などで4試合があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はトヨタ車体クインシーズを3-0で下し、4試合ぶりの白星を飾った。通算成績は11勝7敗で3位。

 久光製薬は前戦に続きエース長岡望悠が欠場する一方で、けがで連列を離れていたミドルブロッカー岩坂名奈が復帰。第1セットは一時6点差をつけられたが岩坂のブロックなどで追いつき、逆転で先取した。第2、3セットはいずれも終盤までもつれながら、セッター古藤千鶴を起点とする多彩な攻撃で勝利をたぐり寄せた。

 久光製薬は22日、ウイングアリーナ刈谷で岡山と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加