九州電力は23日、営業運転中の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で、原子炉容器内を循環する1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が平常の値より上昇したと発表した。核燃料を覆う管にごく小さな穴が開き、放射性物質が漏れた可能性があるという。ただ運転する上での制限値6万2千ベクレルを大幅に下回っており、安全性も確保されているとして運転は継続する。原発の作業員や外部への影響はない。

 放射性ヨウ素は、ウラン燃料が核分裂する際に生成されるため、1次冷却水に微量に含まれるが、濃度はほぼ一定に保たれている。九電による21日までの測定値は0・27ベクレル程度だったが、23日午前10時すぎの測定値は0・45ベクレルまで上昇した。

 このため週3回行っていた濃度測定を今後は毎日実施。濃度上昇が続く場合などには、定期検査の時期を前倒しするなどして、燃料棒の点検や交換をする可能性もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加