任期満了に伴う唐津市長選と市議選(定数30)が22日、告示される。市長選には元県議の峰達郎氏(56)=山本、前副市長の岡本憲幸氏(61)=菜畑、医療法人理事長の田中路子氏(69)=朝日町、市議の志佐治徳氏(69)=厳木町=の新人4人が出馬表明しており、し烈な選挙戦となりそうだ。投開票は29日。

 不祥事が続いた市政の信頼回復、人口減少の中での地域づくりのビジョンなどが争点になる。峰氏は「市政を刷新し、豊かで活力ある唐津にする」、岡本氏は「地域経済の立て直し、所得向上が急務」、田中氏は「市民第一。市民の共感を呼ぶ成長戦略を」、志佐氏は「清潔な市政と原発に頼らない唐津を」と訴えている。

 市議選は今回から定数が2減り、30議席を争う。現職22人、元職1人、新人9人の計32人が立候補する見込み。

 立候補受け付けは市長選、市議選とも22日午前8時半から午後5時まで市役所本庁舎3階大会議室で。期日前投票は23~28日の午前8時半から午後8時まで、本庁舎と7カ所の市民センター、北波多公民館の市内9カ所で受け付ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加