佐賀県の山口祥義知事は24日、九州電力玄海原発(同県東松浦郡玄海町)の再稼働に関して県議会の意見を聴くため、4月11日開会で臨時議会を開く考えを明らかにした。議長に招集を伝えた後、記者団に「県民の代表である県議会の意見は重く、できるだけ早く聴きたいと考えた」と述べた。

 玄海3、4号機を巡っては、既に立地する玄海町が同意を表明し、山口知事の判断が焦点となっている。知事は県議会の意向のほか、世耕弘成経済産業相ら原子力関係閣僚との会談を経て最終判断するとしている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加