6月下旬の大雨の影響で、佐賀市の有明海沿岸に大量のアシや流木が漂着し、県は2日、回収作業を始めた。高波の勢いを抑える消波ブロックにごみが詰まると波が堤防を越える恐れが高まるため、撤去を急いでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加