久光理・鳥栖市選挙管理委員長から全国表彰の伝達を受ける隈本裕亮さん(右)=鳥栖市役所

隈本裕亮さんの作品「選挙で変えよう日本の未来」

 平成28年度明るい選挙啓発ポスターコンクールで鳥栖市立田代中2年の隈本裕亮さん(14)が全国表彰に選ばれ、17日、市役所で久光理・市選挙管理委員会委員長が表彰状を伝達した。

 コンクールは将来の有権者である児童・生徒の選挙への関心を高めようと開かれており、全国の小中高校9280校の約15万7000人が応募した。隈本さんは文科・総務大臣賞に次ぐ、「明るい選挙推進協会長・都道府県選挙管理委員会連合会長賞」に選ばれた。

 作品は「選挙で変えよう日本の未来」というタイトルで、歌川広重の浮世絵「大はしあたけの夕立」から着想した。中央に大きな橋を架け、橋を渡っていった人が投票している構図。手前は大雨で暗いが、奥は晴れていて投票箱は明るい色の同心円に囲まれている。

 隈本さんは「18歳選挙権が始まったけど、若い人は投票に行かない」とのイメージがあったため、投票することで未来が明るくなるとのメッセージをデザイン化した。

 夏休みの美術の課題で約2週間かけて作成した。隈本さんは「選挙ポスターは初めてだったが、うまくアイデアが浮かんだ。将来は漫画家になりたい」などと話していた。作品は市の選挙啓発チラシなどに利用される予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加