【ニューヨーク共同】米コーヒーチェーン大手のスターバックスは22日、2021年をめどに全世界で24万人を新規雇用し、1万2000店を出店する経営計画を発表した。

 発表資料によると現在の従業員は33万人で店舗数は2万6000に及ぶ。既に「超巨大チェーン」だが、今後も拡大路線を継続する方針を明確に打ち出した。

 米国では6万8000人を新たに雇用し、3400店を新設する。18年に新たな高級路線の店舗を東京に開設する計画も改めて示した。

 世界で難民1万人を雇用する計画も正式に表明した。トランプ米政権が難民の受け入れを凍結したのに伴い、立案を進めていた。

 今回の計画では米退役軍人や、軍人の配偶者の雇用を増やす方針も強調。トランプ政権とその支持者らへの配慮がにじむ形となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加