新曲「お義父さん」の発売前イベントで、大勢の観客の前で熱唱するはなわさん=佐賀市のイオン佐賀大和店

サインを渡し、ハイタッチするお笑い芸人のはなわさん

 佐賀市出身のお笑い芸人はなわさんのニューシングル「お義父(とう)さん」が24日、全国一斉に発売される。3月に動画サイトで公開されて以降、多くの反響を呼んでおり、20日に同市で開いた凱旋(がいせん)ライブには約300人が詰め掛けた。※電子ビューアにコメント動画

 デビュー曲「佐賀県」で始まったライブは、「息子~昇利バージョン~」「故郷」と続き、会場は一気にヒートアップ。歌い終わるたびに拍手が鳴り続いた。

 「お義父さん」は、妻の智子さんが幼い頃に家を離れた義父への思いと、母として家庭を支える智子さんへの感謝をつづった曲。ライブの最後に披露されると、うなずきながら聴き入る人や歌詞を口ずさむ人、涙を流す人も。そんな会場の様子に、はなわさん自身も感極まるものがあったという。

 会場に選んだイオン佐賀大和店は、14年前に「佐賀県」を発売した時にも歌った“原点”ともいうべき場所。はなわさんは「たくさんの人に来てもらい、温かい言葉もいただいて気合いが入った。大切に歌っていきたいし、佐賀のために頑張りたい」と振り返った。

 故郷で収録したミュージックビデオについては「念願の佐賀で撮影できて光栄だったし、天候にも恵まれて怖いくらいスムーズな撮影だった。出来栄えはもちろん完璧」とアピールした。

 十数年来のファンという佐賀市の副島雄貴さん(31)は「リアルな歌詞にうるっとした。ポジティブに歌う姿に感動した」。小城市から妻と来た男性(50)は「自分と重なる部分もあり、過去を思い出してじんときた」と話した。

 「お義父さん」はタイプA~Cの3種類で、CDのみは1204円、DVD付きは1667円(いずれも税抜き)。6月4日にも同店で発売記念ライブが開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加