9月の詩人祭に向け準備を進める九州詩人祭佐賀県連絡会の役員たち

■講演、合唱も準備着々

 九州各県の持ち回りで、年1回開かれている「九州詩人祭」は、今年が佐賀県の当番。今回を機に詩を書く有志で詩人祭の窓口となる「九州詩人祭佐賀県連絡会」が発足した。ボランティアの実行委員(会長貝原昭)7名で、昨年の初めから9月30日の詩人祭当日に向け、月1回のペースで話し合いが行われている。

 会場決め、講師依頼、県外や県内の詩を書く人など約200名に案内チラシの送付、当日の役割など準備を進めている。

 講演会は、久留米大教授の浦田義和さんによる「イスラーム文化圏エジプトあれこれ」。そして女性合唱団により谷川俊太郎の詩を歌にした合唱もあり、詩の世界の広がりに期待がかけられている。

 事務局のこうずまさみさんは「九州内で詩の創作活動をしている人が一堂に会し交流します。詩を書かなくても、興味のある方はぜひ参加してください」と呼び掛ける。

 連絡先は事務局のこうずまさみさん、電話0952(75)3787。

(地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加