任期満了に伴い29日に投開票される佐賀県唐津市議選(定数30)が22日告示された。漢字、読み方とも同じ56歳現職と43歳新人の同姓同名の男性2人が立候補者に含まれており、市選管は、2人に限り、投票用紙に姓名に加え、年齢や現職か新人かを書いてもらい、票を区別する予定だ。

 市選管は、全国的にも珍しいとしている。2人に関しては、投票所の記載台に掲示する候補者名簿に年齢と現職、新人の別を明記するが、特別な注目を与えないように注意書きは付けない。名前のみで判別できない票は、それぞれの得票割合に応じて振り分けられることになる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加