ヘアフェスタで、オリジナルのヘアメークなどを競う学生=佐賀市文化会館

 佐賀理容美容専門学校アイ・ビービューティカレッジの学生による「ヘアフェスタ2017」が16日、佐賀市文化会館であった。43人がヘアメークやメーキャップなど日ごろ培った技術の成果を発表した。

 開会式で、井手忠徳校長が「専門学校で熱い指導やきめ細やかな指導をしている。フェスタに訪れた人に感動が届けられることを期待したい」とあいさつ。2年生で実行委員の堀河海人さんが「練習と準備に一生懸命取り組んできた。楽しんでもらえるよう精いっぱい頑張る」と宣誓した。

 学生はステージ上で発表した。1年生はパーマの基本のワインディング競技に挑戦。真剣な表情で髪の毛を巻き、ウエーブを作る作業をこなした。2年生はチームに分かれてモデルの髪をセットしたり、顔のメークを仕上げたりした。完成後に華麗な衣装をまとったモデルが披露されると、来場者から歓声が上がっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加