有田町と武雄市にまたがる黒髪山。山頂の近くには雌岩(左)と雄岩のめおと岩がそびえ立つ

 有田町と武雄市にまたがる黒髪山。タカの目になり山頂の近くを舞うと、深緑の木々の中から岩肌がむき出しになった二つの巨石が現れた。

 寄り添うようにそびえ立つこれらの岩は、雌岩と雄岩のめおと岩。まるで守り神のような風格を漂わせ、眼下に広がる森や飛び回る鳥たちを包み込む。

 江戸時代、村娘と隠れキリシタンのかなわぬ恋心が岩になったとの伝説が残る。1937年、佐賀県初の県立公園に認定された。

 8月11日は山の日。いきなり高い山に登るとけがをしやすいので、まずは小高い山から挑戦を。頂上に登れば遠くにもっと高い山が見え、次に目指すべき場所が分かるかも。少しずつ高みを目指そう。

このエントリーをはてなブックマークに追加