全豪テニス錦織、逆転許し1―2

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第7日は22日、メルボルンで行われ、シングルス4回戦で男子は第5シードの錦織圭が元世界ランキング1位で第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)に7―6、4―6、1―6、6―4、3―6で競り負け、3年連続のベスト8進出はならなかった。

 第1シードのアンディ・マリー(英国)が世界50位のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に5―7、7―5、2―6、4―6で敗れる波乱があった。第4シードのスタン・バブリンカ(スイス)は順当に勝ち上がった。

 女子ダブルス3回戦で穂積絵莉・加藤未唯組は勝利し、8強入りとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加