大阪市の学校法人「森友学園」をめぐる国有地売却問題。当時の財務省理財局長と、近畿財務局長が「政治的な配慮は一切していない」と国会で証言した。

 なぜ国有地は“大幅値引き”で売り払われることになったのか。前日の証人喚問で籠池(かごいけ)泰典氏が語った「神風」は吹いたのか。

 売却当時の財務省理財局長の迫田英典氏(現国税庁長官)と、近畿財務局長の武内良樹氏(現同省国際局長)が、参院予算委員会で参考人として証言した。2人は「政治的な配慮をするべくもなかった」などと口をそろえ、適正な処理だったと主張したが、国民の理解が得られるよう丁寧に説明すべきだ。学園の財務基盤が不安視されていながら売却を急いだ経緯などは、はっきりしない。

 やはり、参考人ではなく、偽証罪にも問える証人喚問でただすべきではなかったか。

 籠池氏が証人喚問で公表したファクスからは、安倍晋三首相の妻昭恵夫人サイドの動きがうかがえる。

 「定期借地権の契約期間を延長できないか」という学園側の問い合わせに対し、昭恵夫人担当の職員が、財務省に問い合わせた上で「現状では希望に沿うことはできないようだが、引き続き当方としても見守りたい」と答えている。

 この「当方」を、菅義偉官房長官は「担当職員個人」としたが、いかにも無理がある。予算委で野党が再三指摘したように、この問い合わせを受けた現場は「首相案件」と見なし、特別に配慮したのではないか。

 さらに、昭恵夫人と籠池氏の妻の親密な関係も明らかになってきた。2人が交わしたメールからは、この問題が発覚して関係が変わっていく状況が読み取れる。

 「講演の謝礼を頂いた記憶がない」という昭恵夫人に対して、籠池氏の妻は「あまりにひどい」と返信。「国会議員が来て自民党を守るため昭恵さんの写真を外してほしいといわれた」「尊敬していたのに小学校をやめ 幼稚園は破産 お父さんは詐欺罪 あんまりにも権力を使うなら死にます」と強く非難している。

 安倍首相はこれまで「私や妻が関わっていれば、首相も議員も辞める」と言い切ってきた。籠池氏の証人喚問で「政治家の関与がないことが明らかになった」と主張したが、納得した国民がどれほどいるだろうか。

 むしろ、昭恵夫人サイドの関与を示唆するファクスや、頻繁なメールのやりとりが明かされ、昭恵夫人が何らかの形で関わっていたのではないかという疑いはますます深くなっている。

 真相解明に向けて、さらなる証人喚問が必要だ。籠池氏が「はしごを外した」と批判した大阪府の松井一郎知事は、証人喚問に応じる考えを表明している。「身を隠すよう」指示したとされる代理人弁護士も真相に深く関わるひとりだ。このほかにも、国会議員の名前が挙がっている。

 そして、疑惑の中心にいる昭恵夫人もまた、自らにかけられた疑いを晴らすべきだ。フェイスブックで反論したようだが、それでは足りない。森友学園の名誉校長として事実上、広告塔を担ってきた責任もある。ここは、自らの言葉でしっかりと語ってはどうか。(古賀史生)

このエントリーをはてなブックマークに追加