徳川幕府が朝廷に政権を返上した大政奉還から今年で150年となるのを受け、徳川宗家18代当主の徳川恒孝氏(75)や、土佐山内家19代当主の山内豊功氏(75)が22日、京都市で開かれたシンポジウムのパネ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加