熱戦の舞台=みどりの森県営球場

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会第9日は18日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、それぞれシード校と対戦した早稲田佐賀と鳥栖が勝ち進んだ。早稲田佐賀は4年ぶり、鳥栖は9年ぶりの4強進出。

 早稲田佐賀は安在、森田の両左腕が第1シード佐賀北を2安打に抑え、3-0で完封勝ち。鳥栖は最終九回に打者一巡の猛攻で4点を挙げ、第2シード唐津商に5-3で逆転勝ちした。

 第10日は19日、同球場で準々決勝の残り2試合があり4強が出そろう。

 

■きょうの試合

【みどりの森県営球場】

 ▽準々決勝

佐賀工-佐賀学園

(10時)

鹿島-鳥栖商

(12時30分)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加