競泳男子800㍍リレー決勝 九産大九州(福岡)とトップ争いする佐賀学園第3泳者の渋谷晃樹=長崎市民総合プール

 全九州高校体育大会は17日、長崎市民総合プールで競泳男女の残り10種目があり、男子の佐賀学園が総合成績で3位入賞した。

 佐賀学園勢はこの日、男子400メートルの渋谷晃樹が4分2秒87で2位、同800メートルリレーは7分44秒34で3位に入り、全国総体出場を決めた。

 このほか、男子100メートル平泳ぎの森田耕輔(佐賀商)が決勝で全国総体参加標準記録を突破した。

■松田、渋谷軸に健闘

 県総体競泳で10年ぶりに総合優勝した男子の佐賀学園が、九州で総合3位に食い込む健闘を見せ、福岡県勢の表彰圏独占を阻んだ。

 佐賀学園勢は、初日の400メートル個人メドレーで松田龍が終盤の自由形の競り合いを制して優勝。本番直前から一気に調子が上がったという渋谷晃樹も、最終日の400メートル自由形で後半途中までトップに立つ積極的なレースで準優勝した。

 大会の最後を締めくくる800メートルリレーでは、第2泳者の松田が5位から2位へ浮上した。続く渋谷がトップの九産大九州(福岡)とほぼ一直線に並ぶなど会場を沸かせ、チームベストの7分44秒34で3位。阿世賀紀光監督は「よく頑張った」と、選手たちを笑顔でねぎらった。

 昨年の全国総体、400メートル個人メドレーに出場した松田は予選で涙をのんでおり、「今年は決勝を狙う」と意欲満々。渋谷も「インターハイまでの1カ月を有意義なものにし、レベルを上げたい」と上位進出へ闘志を燃やした。

 ◇最終日=県勢の上位成績

 【男子】400メートル自由形 (2)渋谷晃樹(佐賀学園)4分2秒87(8)伊藤優希(同)4分10秒74▽100メートル背泳ぎ (7)高尾虎汰(佐賀商)1分0秒45(8)松内隆大(佐賀学園)1分2秒83▽100メートル平泳ぎ (6)森田耕輔(佐賀商)1分4秒50▽800メートルリレー (3)佐賀学園(伊藤優希、松田龍、渋谷晃樹、藤田竜大)7分44秒34

 ▽総合成績 (3)佐賀学園45点(9)佐賀商31点(21)唐津商6点(26)致遠館3点

 【女子】100メートル背泳ぎ (4)廣橋風佳(佐賀商)1分6秒02▽800メートルリレー (5)佐賀学園(藤井みなみ、山口遼、高本彩未、田中千尋)8分51秒41=県新(8)佐賀商(廣橋風佳、森田真維、池田麻里奈、百田鈴音)8分53秒38

 ▽総合成績 (7)佐賀学園30点(10)佐賀商20点

このエントリーをはてなブックマークに追加