準々決勝・鳥栖-唐津商 9回表鳥栖1死二、三塁、2番小栁諒真の2点中前打で4-3と逆転する=みどりの森県営球場

準々決勝・鳥栖-唐津商 1回裏唐津商1死三塁、スクイズで三走田口鈴之介(右)が生還、2-0とリードを広げる=みどりの森県営球場

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)

鳥 栖000 010 004 5

唐津商201 000 000 3

▽三塁打 田口(唐)▽二塁打 石丸、藤永(鳥)岡本晃、坂本弦、土井(唐)

 最終回に打線がつながった鳥栖が唐津商に逆転勝ちした。

 鳥栖は2点を追う九回、1死から代打實松が敵失で出塁。続く代打古賀が投手強襲安打で続き、一、三塁とすると、1番藤永の右越え二塁打で1点を返した。さらに二、三塁から2番小柳の2点中前打で試合をひっくり返した。

 唐津商は初回に2点を先制。三回にも1点を奪い試合を優位に進めたが、四回以降は9残塁と決定打を欠いた。

■小柳、値千金の一打

 3回戦の唐津西戦で逆転の口火を切った2番打者が、この日も活躍した。鳥栖の小柳諒真が値千金の逆転打。「みんなの思いをつなぐことができた」と胸を張った。

 2点を追う九回。1点を返し、なおも1死二、三塁。意気込みすぎて初球を空振りした。「自分の役割はつなぐこと」。冷静さを取り戻し、コンパクトに振り抜くと、鋭い打球が二遊間を抜けた。

 3回戦も九回に逆転劇を演じた鳥栖。この日も2点を追って最終回を迎えたが、ベンチの雰囲気は悪くなかった。「どこかで必ずチャンスが来るとみんなが信じていた」。強打の唐津商に押し込まれながらも堅守でしのぎ、高い集中力で最後のチャンスを逃さなかった。

 2008年の準優勝以来となる9年ぶりの4強入り。小柳は「最高にいいムード」と手応えを話した。

 唐津商・通山正一(三回に適時打を放つ)九回の最後の打席は打ちたかった。悔しさは残るが、フルスイングはできた。

鳥栖5―3唐津商

  鳥 栖  打安点

(6) 藤 永411

(7) 小 柳413

(9) 内 田400

(8) 松 石400

(5) 高 島511

(3) 中 村510

(2) 石 丸320

(1) 亀 川100

 H  相 島110

 R  高 尾000

 1  中 尾100

 H4 實 松100

(4) 北 崎210

 H  古 賀110

 R  中島維000

 1  寺 澤000

    計 3695

 振球犠盗失併残

 45100110

  唐津商  打安点

(8) 岡本晃410

(4) 山 口410

(5)1田 口211

(6) 土 井111

(7)  善 400

(2) 通 山421

(9) 山 下200

 H  平 川100

 9  岡本史100

(3) 坂本弦420

(1) 伊藤諒410

 5  藤 田000

    計 3193

 振球犠盗失併残

 37402012

投 手回   安振球

亀 川4   602

中 尾4   332

寺 澤1   003

伊藤諒81/3644

田 口 2/3301

このエントリーをはてなブックマークに追加