任期満了に伴う小城市長選は26日投開票される。新人で文化団体代表の藤田直子氏(64)=三日月町=と、4選を目指す現職の江里口秀次氏(64)=小城町=が、中心街活性化などを争点に論戦を繰り広げている。

 藤田氏は「市民の声が反映される市政に変える」と主張し、小城町の運動公園元計画地の有効活用や、小中学校の給食費無料化、大型事業計画で生じる費用の情報公開などを公約に掲げている。

 江里口氏は「小城市を安心して暮らせるまちに」と訴え。牛津拠点地区の活性化計画や市内全小中学校への冷暖房設備導入、長崎自動車道のスマートインターチェンジなどインフラ整備の促進を挙げている。

 投票は市内12カ所で午前7時から午後8時まで行い、午後9時から牛津体育センターで開票する。18日現在の選挙人名簿登録者数は3万7496人(男1万7515人、女1万9981人)。

 ※選挙結果は佐賀新聞のウェブサイトで速報します。

■藤田直子(ふじたなおこ)(64)無新

文化団体代表(高校非常勤講師、英検審査委員)神戸女子大大学院修了、三日月町 

 

■江里口秀次(えりぐちしゅうじ)(64)無現

市防犯協会長(小城町長、会社役員、佐賀JC理事長)西南学院大卒、小城町  当(3)

(上から届け出順、カッコ内は元職)

このエントリーをはてなブックマークに追加